割れた瓦をちょこっとリサイクルする「割れエコ」やってみませんか?

 

第一弾は、オリジナル箸置き。blog_import_50c99c95eac13

 

 

ご用意するものは、割り終えた瓦と、金づち一本と、根気を準備いたします。

blog_import_50c99c970f577

 

 

 

まずはじめに適当な大きさに金づちで割っていきます。

blog_import_50c99c98406f7

 

 

丁度よい大きさのものをつくります。

blog_import_50c99c98f4021

 

 

そして、コンクリートに一生懸命こすりつけていきます。

 

ガリガリガリと表面の銀の部分が取れるように根気よくやります。
銀→黒→灰色と変化していきます。

 

私は、ほとんど灰色にして少しだけ黒い部分を残すのが好きです。

blog_import_50c99c9a034f3

 

 

角が取れるようにこするのがいいです。

 

コンクリートの角で、箸を置く部分も削っていきます。

blog_import_50c99c9b0dd8b

 

完成したら洗剤を付けて綺麗に洗います。

blog_import_50c99c9c13f3b

 

blog_import_50c99c9d3f204

は~い完成キラキラ

 

ちょっと素朴な箸置きです。

blog_import_50c99c9e3a2af

 

「この箸置きは、俺が割った瓦で作ったんだぜ!!」

 

カッコよくできなくても、不細工でも

男の武勇伝をアテに、おいしいお酒が飲めそうです。

 

 

       瓦割りなら紐のし屋  http://himoya.ocnk.net/