瓦の割り方お教えします。

瓦の割り方

「どうやってやったらいいの?」「失敗しないかな?」「準備は何をすればいいの?」 こんなお悩みのあなたに瓦の準備から割り方までお教えします。

瓦割りのやり方でお困りのあなたに割り方お教えします。

瓦割りをやってみたいけど、「どうやってやったらいいの?」「失敗しないかな?」「準備は何をすればいいの?」
こんなお悩みのあなたに瓦の準備から割り方までお教えします。

瓦の準備

まず準備するのがマットです。ホームセンターなどで売っているカットしてあるカーペットなど、クッションとなるものです。
段ボールなどでも大丈夫です。

瓦が割れた時にブロックが倒れてきます。この時、結構な衝撃があるのと、割れた瓦が上から落ちてきますので、
床を傷つけないためにもクッション材を敷く事をお勧めします。

次にブルーシートを敷きます。
およそ直径1メートル範囲で瓦の破片が飛び散る事があります。
ブルーシートを敷いておくと後片付けも楽ちんです。

次にブロックを置きます。
ホームセンターで売っているものです。

ブロックを置く時の注意点は、ブロックとブロックのをできるだけ広くします。
間隔が狭いと、瓦が割れた時に落ちにくく、割るのが難しいです。

コンクリートブロックを使う理由は、瓦をしっかりと支えてくれるのと、
ブロックの高さが力を入れやすい丁度良い高さだからです。

瓦をブロックに載せます。
10枚を一度に載せると重いので、5枚ずつがおすすめです。

最後にタオルを載せたら完成です。

割り方の説明

まずは、手にはクッションが付いたサポーターを付けます。
サポーターを付ける事で、瓦を割る時に拳を守ります。

瓦を割る前はとても緊張します。ドキドキします。
この緊張感も瓦割りの楽しみの一つで、緊張感も楽しんでください。

瓦割りのコツは、瓦の真ん中めがけて真っすぐ下まで突き抜く感じで、体重をかけて拳を振り下ろします。

拳が斜めにそれると、力が下まで伝わらないので割れ残ってしまいます。
力は下まで伝えてください。

力みすぎますと端を叩いてしまいます。

端は割れません。痛いです。

立ち位置は、拳の一番振り下ろしやすい位置に立って下さい。
真正面より少しヨコの方が拳を真っすぐ振り下ろしやすいです。

足の位置は、ブロックの横に置きますと、ブロックが倒れてきたり瓦が落ちてきたりしますので、
足はブロックの横に置かないでください。

必ずブロックより後ろに置いてください。

瓦を割るのに大事なのは、気合です。
掛け声をかけながら気合を入れてください。

割る前は、押忍で気合を入れてから瓦割りに挑んでください。

 

勇気を出して拳を振り下ろしたら、瓦は粉々に砕け散ります。
この時、最高の達成感を体感できます。
全ての瓦を割り終えた時最高の達成感を経験できます。
そして、観客から歓声とともにあなたは、ヒローになる事ができます。

おススメの割り方

拳を握りハンマーのように振り下ろす割り方があります。
この割り方の方が力も入りやすいですし、的外れも少ないのでおススメです。
女性など力が弱い方などもこちらの方が割りやすいです。

瓦のご購入はこちら

PAGE TOP